北洋銀行を使いこなそう

北洋銀行の法人に対する融資の種類

個人に対する融資と同じように、法人に対する融資にもいくつか種類があります。法人に対する融資は基本的に事業資金のためで、大きく4種類に分けることができます。すなわち証書貸付、手形貸付、当座貸越、商業手形割引です。利用頻度は証書貸付が最も多く、その内容は金銭消費貸借契約書に署名捺印して融資を受けるというものです。基本的に1年以上の長期貸付が多く、元金均等返済で返済する方法が一般的です。

証書貸付の使い道は基本的に運転資金や設備投資資金となっています。運転資金や設備投資資金は必ずしも導入直後に利益が上がるという短期決戦的なものではないため、長期融資である証書貸付が適しているのです。返済方法の元金均等方式も長期融資に適しています。北洋銀行の場合は明確に証書貸付と書かれてはいませんが、内容的には証書貸付と同じです。北洋銀行のような第二地方銀行は比較的審査が緩い傾向にありますが、証書貸付のような長期融資は基本的に審査が厳しい商品です。

しかし北洋銀行の場合は法人向けローンであっても担保や第三者保証が不要という手軽さがメリットとなっており、「ほくようビジネスクイックローンシリーズ」や「ほくよう農業サポートローン」は元金均等返済となっています。元金均等返済は毎月の返済額を一定にする代わりに、序盤は利息の返済の割合が高いため、なかなか元金が減らないというデメリットがあります。しかし一定の返済額であれば、とくに事業を経営しながらなので返済計画が立てやすくて助かります。

一般的に審査が厳しい長期融資を無担保で扱うというのは、銀行側からすると相当なリスクを背負うことになります。そのため無担保の代わりに融資の審査が厳しかったり、そもそも口座開設の段階で審査が厳しい可能性があります。そんな場合に備えて金銭消費貸借約定書を熟読しておいたり、事業内容や融資金の使い道をはっきりさせておくなどの工夫をしておきましょう。金銭消費貸借契約書参考(様式第2号)