北洋銀行を使いこなそう

北洋銀行での法人の口座開設

銀行を利用するのは個人だけとは限りません。とくに地方銀行だと地元の中小企業との取引が多いため、法人の銀行口座開設が欠かせません。しかし法人となると個人としての利用とは勝手が違うため、戸惑う場合も多いです。

特に最近は架空の法人名義で開設した口座をもとに振り込め詐欺などの犯罪が横行しているため、法人に対する口座開設の審査はとりわけ厳しくなっています。北洋銀行もより健全で安全な取引先を吟味するため、確実に口座開設して取引を行うには、それなりに法人側も準備しておく必要があります。

銀行に口座開設を断られる主な原因は、まず事務所や事業内容、事業目的が不透明な場合です。これは前述の振り込め詐欺防止のためです。架空の法人口座を作る場合は事務所の実態がなかったり、事業内容に不審な点がある場合が多いのです。

そうした疑惑をもたれないように事務所の賃貸契約書やサービスの資料を用意しておくことが重要です。現代ではちゃんとしたホームページがあるということも信用の目安になります。さらに貸し倒れ対策として、あまりにも資本金が少ない企業や個人事業主も断られるケースがあります。

また北洋銀行のような地方銀行・第二地方銀行に口座開設する場合、主に地元の企業や個人事業主のほうがメリットが多いです。地元を離れてしまうと利便性が落ちてしまうし、地元の風土に合った商品を提供しているからです。

そのため全国規模で事業を展開したい場合や、主にインターネットを使った事業を考えている場合は、都市銀行やネットバンクを検討するのも選択肢の1つとなります。しかし信頼性や利用手数料の安さなどで比較すると、地方銀行・第二地方銀行はちょうど都市銀行とネットバンクの中間に位置しているので、バランスのいい取引先とも言えます。