北洋銀行を使いこなそう

北洋銀行でのローン利用の注意点

一昔前と違って、現在ではCMで盛んにカードローンの宣伝が行われており、ローンに対する敷居はかなり下がっています。ちょっとしたお小遣いの調達、という感覚でローンを利用する人もいます。しかしその一方で借りすぎてしまい返済が困難になるケースも多発しています。ローンといえどもシビアな言い方をすれば借金なので、できるだけ現金を使用することで無用なリスクを避けることはできます。

しかしマイホームや自動車、教育資金など、多額の資金が必要な場合はほとんどの人が現金で支払うことは困難です。そこでローンを使う人が多く、実際にローンで最も利用が多いのは住宅ローン、マイカーローンなどの大口のローンです。これらのローンは額が大きいため数十年かけて返済することも珍しくなく、そのため返済中に問題が生じて返済困難に陥るケースがあります。

たとえば事故や病気で仕事を辞めた場合。給与がなくなるので月々の返済ができなくなってしまいます。そんな場合に備えて医療保険などの保険に並行して入る場合も多いのですが、そうするとローンの返済と保険料の支払いで家計がカツカツになってしまい、結果的に生活が苦しくなるというパターンになりやすいのです。そのため結局はあまり無理のない金額の住宅を購入し、出来るだけ短期間のゆとりある返済を目指すのが理想です。

フリーローンやカードローンは逆に気楽に利用できるために返済の見積もりが甘くなりやすく、その結果返済困難になる危険があります。とくに気をつけなければいけないのが返済方法で、元利均等返済や元金均等返済、リボルビング返済などの種類があります。毎月の返済額を一定にできるということで元利均等返済やリボルビング返済が人気がありますが、どちらも返済期間が長くなりやすく、結果的に利息や手数料で総返済額が増える可能性があります。元金均等返済だとだんだん返済額が少なっていくので、返済期間が短縮されますが、序盤の返済がキツくなります。