北洋銀行を使いこなそう

北洋銀行で保険に入るタイミング

銀行は預金以外にも商品があります。たとえば投資信託やローン、保険などです。預金以外はそこそこの知識がないと損をしやすい傾向にあり、とくにローンと保険に関しては、もっと有利な条件で利用できるのに気付けないケースも多いです。どちらも利用の際には説明を受けますが、自分でも基本的な知識を勉強しておくと、メリットを余すことなく受けることができます。

ちまたでは保険の仕組みがあまり分かっていないまま、勧められるがままに利用してしまう人も多く、「預金があれば保険はいらないんじゃないか」という声もよく耳にします。北洋銀行にも年金保険や医療保険、学資保険など代表的な保険商品が揃っていますが、どれも預金とは違ったメリットがあります。たとえば医療保険。万が一の病気や災害で入院や手術が必要になったときに保障額がもらえるというものですが、「貯金を使えばいいじゃん」というわけにはいかない場合にも効果があります。

たとえば貯金だと貯まった分しか使うことができないため、いくら積立式で貯金していても、十分な貯金が貯まる前に事故にあったり病気になったりすると治療費に困窮する恐れがあります。そこで保険に入っておくと、加入したその日から確実に保障額を受け取ることができます。そのため遺伝や体質的に疾病のリスクがある場合は医療保険、自動車免許取りたてなら自動車保険、高齢の両親がいたら介護保険、年齢がミドル過ぎたら終身保険、がん保険というように、自分の環境や年齢に合わせて保険を選ぶことで、確実にリスクに備えることができます。

実際に万が一起こってしまったら多額の資金が必要になる、というケースに備えて保険商品が作られているので、確率的にはけっして低くはありません。とくに疾病だと仕事に影響がでて休職や退職を余儀なくされることもあるため、保険に入っていないと悲惨なことになる場合もあります。あまり若いうちに入っても保険料ばかりかかるということになりかねませんが、一度病気になったり中年にさしかかったら病気のリスクが跳ね上がるので、保険を検討することをおすすめします。